片思い中の年上の男性に対してアプローチをかける、というのはいろいろと思い悩みませんか?

結婚年齢を考えると、30代半ば以上になればそのハードルは上がるばかりだと思います。。。

その年齢で独身である男性って、
何か理由があるんじゃないか?離婚歴があったり、本人だけじゃなく家族や周囲にも問題があったんじゃないだろうか?
などと思い悩んでしまうものです。

しかし、そういった意味ではアプローチする側だけでなく、される側の男性にもいろいろな年齢的社会的プレッシャーというものは存在しているのですよ。

その時期だと、ただ「付き合う」というだけに留まらず、「結婚」というものを意識せざるを得ず、逆に「結婚しない」関係を望まれたりすると女性たちは「わたしって遊ばれているの?」とか「誠実じゃない…」と男性の態度にマイナス評価を下すことにもなりかねませんし…。

お互いに、ただ「好き」だけでは交際が成立しない年齢層にあると、なかなか気軽に声をかけたりも出来ないもの。

そんな年上の男性を好きになった、片思いをしている、という女性にとっては、彼が自分に対して脈ありなのかどうなのか、推し量るのがいろいろと難しくありませんか?

ダイレクトにはアプローチ出来ない

中学生のように「好きです!付き合ってください!」などとダイレクトアプローチをするのはプライドやら、失敗したときのダメージやらを考えてなかなか踏み出せないものでしょう。

わたしはダイレクトアプローチ派でしたが年齢とともに臆病さのほうが勝り戦略を練るようになりました。

まず、年上男性の周辺をさりげなくリサーチすることから始めましょう!

趣味や食べ物など好きなものが解ってきたら、例えば映画や美術展、イベントなど休日の昼間に「こんなのがあるんですよ、ご一緒してみませんか?」と声をかけてみるのです。

すげなく断られたら、しつこく絡まず、様子を見てまた違うアプローチを検討してみる。

しかし!

ちょっとでも興味を示してくれたら、SNSのアカウントを交換することもできるでしょう。

まずはお友達デート的な誘い方をしてみるのも、逆に大人のアプローチとしてはスマートですよ♡

プライベートを少し共有することができたら、彼の内面が見えてくると思います。

そのデートの別れ際に「また遊びましょうね~」という言葉を彼から得られたら、「自分に対して好意を持ってくれているサイン!!!」家に帰ってガッツポーズしましょう。

その後の攻め方については、また次回ご紹介しますので、楽しみにしててくださいね♡

あなたの恋の行方を占う