片思いをしている年上男性に中々相手にしてもらえないなぁと悩んでいるあなた。
年上男性との付き合い方で、同年代の男性とは異なるアプローチによって早く距離を縮める方法があるんです。
同年代の場合だと、同じ目線で一緒になって楽しむことができればそれで双方が満足しますが、年上男性は年下の女性に求めているものがあり、そのことを見極めるだけですぐに深い仲になることができるかも!?

まず、男性は基本的に女性を守ってあげたいという本能を持っています。

そのため、年上男性に対しては自分が年下の女性であり、守ってもらう対象であるということを印象づけることが大切なんです。
まず、仕事でもプライベートでも相手の男性に対して様々なことで頼ってみましょう。

すると、男性は男心を刺激されて年下の女性のことを助けてあげたい、力になってあげたいなどと、愛おしく思うようになります。

その感情というのは恋愛感情に発展しやすいのです。

上司と部下などで恋愛関係に発展しやすいのはこのためでしょう。
しかし、相手の男性が自分に対して全く好意を持っていない場合は、逆効果になるため相手との距離感をはかって適切なタイミングで実行に移すことを意識して下さいね?
その見極め方は「もしかして脈アリ?片思い中の彼のキモチを見極める方法」と「もしかして脈なしかも。片思いの「引き際」を教えます!」で紹介してます。

この2つの見極め方で「今自分がどんな状況か」を見極めて実行に移してみてくださいね♡
また、プライベートで遊びに行くような間柄であれば、自分が年下ということを意識せずに、対等な関係であることをアピールしてみるのも良い方法ですよ。
男性としては、いくら自分のほうが年上であっても気を遣わずに付き合える女性は貴重で、二人の親密さが増すこともあります。

このアピールが成功すれば、年下女性を守りたいという気持ちと気を遣わずに付き合えるという気持ちが同居し、男性にとってあなたは非常に魅力がある女性になることができます。

更にもう1つ。

相手にとって自分が年下であってもしっかりしている女性だということを印象づけるための付き合い方も覚えておくといいでしょう。
たとえば、食事の時は男性がごちそうしてくれるはずですがそれに甘えず、自分も支払うことを伝えてみたり、デートの際もプランを相手に任せきりにするのではなく、「わたし〇〇へ行ってみたいんですけど、今度一緒に行ってくれませんか?〇〇さんにも気に入ってもらえると思います^ ^」というように、自分でもデートプランを立てて提案するといったことを行えば、男性は年下の女性としてだけではなく、将来のパートナーになり得る女性だという気持ちで見てくれるようになる可能性も。

頼られるばかりでは男性も疲れてしまいますからね。

たまにはあなたの方から彼を楽しませれるように意識するだけで、彼からのあなたへの好感度はグッと上がるかも!?♡

あなたの恋の行方を占う