気になる彼と仲良くなるときにまず連絡先を交換すると思います。

現在では電話番号やメールアドレスではなく、気軽に交換ができるLINEを利用することが多いですよね?

片思いからの脱却には、自分から積極的になる必要があって、連絡先を交換するのが第一歩。

私も、以前はメールアドレスを交換することがほとんどでしたが、スマートフォンを持つようになってからはほとんどLINEの交換だけで済ませるようになりました。

LINEみたいなメッセージアプリは、文章だけではなく写真や動画も簡単に送れるし、自分のタイムラインには近況を載せられるので、コミュニケーションがしやすいのが特徴ですね。

LINEはメールと違って短いメッセージを短時間で送り合うことがあります。

LINEには既読機能というものがあることで、相手がメッセージを読んだか、読んでいないか、が分かりますが、ただ読んでいるだけで返信をしないということも分かりますよね。

これは有名な既読スルー(既読無視)と呼ばれている現象で、この既読スルー(既読無視)をされた場合には脈なしなのではないかと考えます。

脈なしかも…。と思ってしまう状況のときは「これって脈なし?片思い中の彼との会話とLINE」を確認してみてください。

片思い中は特に相手が自分に対して、どのような感情を抱いているのかが気になって、一喜一憂しちゃう気持ち、めっちゃわかります…!

既読がついてるのにも関わらず、返信が来ない日なんてもう最強にブルーです。

何度もラインを開いては気になる彼とのメッセージを読み返してみたり…。

あまり考えすぎないことが大事!

便利な機能ではあるのですが、その人によっては面倒と感じたり、返すまで時間をかける人もいるので、返信が遅い事や来ないことに関してあまり考えすぎないことが大切です。

女性の多くは、メッセージが送られてきたらすぐに返したり、なるべく返信までの間を開けずにやり取りする人が多いと思いますが、男性の場合にはじっくりと考えてからや、仕事が終わってからなどに返信することもあります。

片思いの男性からの返信がない場合にも、脈なしと思って諦めずに定期的にメッセージを送ってみましょう。

まずは片思い中の彼のペースに合わせてみよう。

LINEのやり取りは、お互いの距離を縮めることにつながるので、相手のペースに合わせてやり取りをすると良いですね。

私も男性とLINEのやり取りをしているときに返信が来ないことが多かったのですが、あまり気にせずにこちらの近況などを伝えたりして、相手に興味があることをLINEで送ったりしていました。

片思いの期間は半年間と長かったのですが、徐々に相手も私のペースに合わせてくれるようになってきて、それからはメッセージのやり取りを多くするようになりました。

既読スルーされることは嫌だと感じている人も多いと思いますが、お互いのペースもありますから、あまり考えずにこちらの気持ちを伝えることが大切です。

時間を意識してみるのも!

なかなか返信がこない場合、まずは、朝の出勤時、昼食時、仕事終わり、就寝前など違う時間帯で何件かLINEを送り、返信が多く来る時間帯を意識してやり取りをしてみるのも1つの方法。

相手がどうゆうタイミングであれば返信しやすいのか、それを意識するだけで、返信率は高まるかも!?

あなたの恋の行方を占う