片思い中の男性をデートに誘いたいんやけど、相手が自分よりも年下の男性である場合って、どうやって誘ったらええんやろう…って悩んでしまう人、多いと思います。

年上の自分が誘うのってどうなんやろ?
とか、年上の女性から誘われてもうれしいんやろか?など、マイナスなことばかり考えてしまう人も多いハズ…

でも片思いの男性がたとえ年下であったとしても、年齢についてはあまり考え過ぎないことが大切!

すんなり良い返事がもらえる誘い方を身につけておけば、いくらあなたが年上であったとしてもすんなりとデートのお誘いにのってくれることでしょう。

すんなり良い返事を貰える方法なんてあるの?

その、「すんなり良い返事がもらえる、片思いの年下男性をデートに誘う誘い方」としては、まるで年上の男性を誘うかのようにかしこまる必要は無いんです。

自分の方が年上なんやからあまりにも気を遣いすぎてしまったら、相手の男性はなんでこんなに気を遣ってくれるんやろう?と不思議に思ってしまうでしょう。

そのため自分が少しリードするようなイメージで軽いノリで誘ってみるといいですよ。

この方が相手の男性も変に気を遣うことなく誘いに応じやすくなるといえるでしょう。

断られるのを不安に思ったり、なれなれしくして大丈夫やろか…なんて思っていると、その気持ちは雰囲気に出てしまうもの。

自分との年齢の差を感じさせないよう、明るい雰囲気で誘い緊張をほぐすようにする事が大切です。

そしてデートに誘う際には、行きたい場所をあらかじめ決めておくようにすること♡

年上の男性やったら、おすすめの場所を相手に聞くこともできるけど、相手が年下男性であるんやったら少しリードするくらいがちょうどいいんです。

また、あらかじめ行きたい場所を決めておくことによって、それを口実にして誘いやすくなるというメリットもあるし。

具体的にあげると、

「興味あるんやけど一人じゃ行きにくいわぁ~」とか「女性だけやと入りにくいねん~」なんて口実を作ってしまうんです。

その際にあなたがすべてを決定してしまうのではなくて、彼にも色々と決定権を与える誘い方をすることで、いろいろと盛り上がりやすくなりますよ。

もしも、中々あなたから誘うことができずに悩んでいる場合には、何か理由を見つけて誘ってみるのもいいでしょう。

「車で連れて行ってほしいところがあるんやけどさ~」とか「手伝ってほしいことがあるんやけど、来週お願いできへんかな?」など、何かと理由をつけて誘ってみましょう。

何かをお願いする形でデートに誘うと、年下男性は自分が頼られていると感じてうれしくなるし、お願いを聞いてくれたお礼としてまたデートに誘うこともできちゃいますっ♡

これらのことすべてに共通しているのが、「年上であるあなたが気を遣ってしまうと、年下の彼も気を遣ってしまう」ということ。

「この女性は年上やけど気疲れせぇへんわ♪」と分かってもらえることで、あなたからの誘いにも快く応えてくれるはず…♡

片思いについて占う